アトピー治療ならあとぴナビホーム > アトピー Q & A

アトピー Q & A

フリー

質問:Question
スキンケア商品を変えたら肌の赤みが増えました。なぜでしょうか?
今まで使っていた他社のスキンケア商品(甘草、グリチルリチン配合)から、あとぴナビ通販の「スキンオイルΩ」に変えたのですが、少し肌の赤みが増したように感じます。肌に合っていないのでしょうか?
答え:Answer
  • 甘草やグリチルリチンには副腎皮質ホルモン様の効果があるためです。

    敏感肌用の化粧品やスキンケア商品によく配合されてい る成分に、甘草から抽出される「グリチルリチン」があります。配合理由は、ステロイドに似た薬理作用による抗炎症効果、抗アレルギー効果があるためです。
    もちろん化粧品原料なので、ステロイドのような強い効き目はありません。化粧品原料でこのような薬理作用がある成分はまれで、使用感が良くなるのと、一定量以上配合すると医薬部外品として認められるので、多くのメーカーがこぞって配合します。

    しかしながら、これらにも問題があります。使用を中止すると、赤みや、乾燥が元に戻ったり、悪化したり、また、それなしでは肌が落ち着かなくなる場合があります。
    これは、グリチルリチンが副腎皮質ホルモンの一つである塩類コルチコイドと似た働きをするため、抗炎症効果を有する代わりに、止めたときにリバウンドのような症状が生じるためと考えられます(ステロイド剤は副腎皮質ホルモンの中の糖類コルチコイドを合成した薬剤です)。
    市販のグリチルリチン配合、特に高配合の商品は、結果的に肌の自然治癒力を低下させるとの実感を持っている方が多いので、あとぴナビ通販では、読者の方々にモニターのご協力をいただきながら、共に商品作りを行い、グリチルリチンに関しては無配合とし、安全な成分を採用するように努めています。
    質問者の方も、おそらくこのような理由で一時的に赤みが増したように感じたと考えられますが、肌の自然治癒力が回復、増強してくるに従い、天然オイル成分のみでもスキンケアが可能になります。
    しばらく、お試しいただくことをお勧めいたします。赤みやかゆみが続く場合は、早めに相談ダイヤルにご相談ください。
 




アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP