アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > アトピー改善のためのスキンケア教室 第2弾(後編)

アトピー改善のためのスキンケア教室 第2弾(後編)

ユーザー2


  • アトピー性皮膚炎の皮膚は、バリア機能が低下しています。肌は乾燥しやすく、 炎症も起こしやすくなっています。だから、毎日のスキンケアは、皮膚のバリア機能低下を補うためにとても大切。 軽い乾燥、ひどい炎症、ステロイド離脱中の場合…。症状によってスキンケアの方法は変わってきます。 前号で大好評の「スキンケア教室」誌上公開、第2弾をお届けします。

  • 千葉県 藤田瑞穂さん(仮名)27歳
  • Profile
    小学生の頃から関節 にアトピー性皮膚炎 が出ていましたが、症 状は軽いものでした。 瑞穂さんの症状がひ どくなったのは社会人 になってから。特に冬 は悪化しやすく、顔に も症状が出るようにな りました。ヘルペスが 全身に出やすく、社会 人になってから2度の 休職を経験しています (現在も休職中)。

  • ■ 脱ステロイドを心がけるも肌はひどい乾燥状態
  • 3年ほど前からステロイド剤 による治療に不安を感じ、最近 は漢方やデトックス治療など、 脱ステロイドの治療を心がけて いる瑞穂さん。昔からヘルペス などの感染症にかかりやすかっ たのですが、今は炎症を起こす ほどではなくなったといいま す。それでも肌はひどい乾燥状 態で、様々なスキンケアアイテ ムを試してきましたが、自己流 のスキンケアにも限界を感じて いるようです。
  • ■ オイル系が苦手思うような効果が得られない
  • 「オイル系のアイテムを使うと、 赤く反応して湿疹が出やすいん です。ピュアサージオイル以外 のオイルはどうも苦手」という 瑞穂さん。これまでは、ジェル、 ローション、クリーム、オイル といった一通りのスキンケア・ アイテムを使ってきましたが、 塗ってもすぐに乾燥してしまっ たり、赤みが出やすかったりと、 思うような効果が得られなかっ たようです
  • ■ここを改善
  • クリーム、ジェル、ローショ ンなど、藤田さんは様々な スキンケア・アイテムを使っ ていますが、肌が乾燥して しまいがち。乾燥がひどい のは、スキンケアの方法に問題があり そうです。クリームやジェルをいくら 塗ってもすぐに乾燥してしまうのは、 最初の保水が足りていないから。効 果的なスキンケアは、しっかり保水す ることから始めましょう。











アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP