アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 春先のアトピーケア 後編

春先のアトピーケア 後編

ユーザー2


  • 皮膚表面における免疫機能は、ランゲルハンス細胞が受け持っているとされています。
    このランゲルハンス細胞に悪影響を与える要因の一つが「紫外線」です。
    春先から皮膚の露出部位が増え始めると、少しずつ、紫外線の影響を受けやすくなります。また、紫外線そのものも春から夏にかけて強くなってきます。
    皮膚表面における免疫機能は、バリア機能を維持する一端も担っています。
    したがって、紫外線の影響を受けることで免疫機能が低下すると、バリア機能そのものが低下、黄色ブドウ球菌など異常細菌叢の形成を促すことにつながります。

    これから春先に向けてバリア機能低下を予防するためにも、早めに「UVケア」を行うようにしましょう。



アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP