アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 初夏のアトピーケアの ポイントとは?

初夏のアトピーケアの ポイントとは?

ユーザー2

  • これからの季節に、もっ とも悪化要因となりや すいのが「汗」です。 汗には、お肌を「守る」 スキンケアの役割が備 わっています。


  • 汗と皮脂が乳化して皮脂膜を形成 する
    ダームジンなど、抗菌物質が「悪玉菌」の細菌叢の形成を防ぐ
  • これらは、アトピー性皮膚炎の方 にも大切な役割なのですが、やっか いなことに汗には、アトピー性皮膚 炎を悪化させる要因も含んでいます。 広島大学の研究で、汗をかいたとき に痒みなどのアレルギー反応を引き 起こすのは、カビ(マラセチア真菌 群など)由来のタンパク質が汗によっ て皮膚に溶け込むことが原因である ことが解明されています。  
    実際、汗をかくと「痒み」を感じ 始める方は多いのではないでしょう か?  
    これは、このマラセチア真菌群が 作り出すタンパク質に対してかぶれ ることで、炎症が生じることが原因 と考えられています。  
    このように、汗はアトピー性皮膚 炎にとって「プラス」と「マイナス」 の両面の要因となり得るわけですが、 できるだけ「プラス」の要因を得て、 「マイナス」の要因は排除できるよう にしたいところです。 そこで、大切になるのは、

  • 汗はしっかりかく
    かいた汗は、手早く拭きとる

  • という対処です。 汗で痒みが生じる経験があると、 どうしても「汗をかかない」生活を 心がけたくなります。  
    しかし、気温が上昇すれば、必然 的に汗は「かくもの」です。それを 抑えるためには、冷房など、代謝を 下げたり冷えの要因を作り出す環境 の中に身を置かなければなりません。  
    アトピー性皮膚炎の「痒み」に関 わる「免疫機能」としての部分は、 体のバランスが大きく関わっていま す。
    免疫機能に強い影響を与えているの は、自律神経と内分泌機能ですから、 体のバランスを乱すような生活環境 は、アトピー性皮膚炎の「痒み」を 誘発しやすい要因と言えるでしょう。  
    また、汗をかかなければ、自らの 体で「スキンケア」を十分に行うこ ともままなりません。  
    アトピー性皮膚炎を引き起こす原 因の一つは、皮膚のバリア機能低下 (細さいきんそう菌叢の異常状態や乾燥などから) にありますから、汗をかかない=ス キンケアが十分にできない=皮膚の バリア機能を高めることができない、 ということに繋がってきます。  
    したがって、汗をかかない生活は、 アトピー性皮膚炎を自ら「治していく」ことが難しい生活とも言えます。 もちろん、かいた汗にかぶれて、痒 みが生じることは良くありません。  
    しかし、「汗をかかない生活」を目 指すことは、アトピー性皮膚炎の解 決から遠ざかっていくことになるこ とを忘れないようにしましょう。
    ※ ダームジン= 汗に含まれる抗菌ペプチドの 一つで、抗菌活性により雑菌の繁殖を防ぐ。
    ※ 細菌叢= ある特定の環境で生育する一群の 細菌の集合。





アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP