アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > アトピー性皮膚炎の 改善は 睡眠から

アトピー性皮膚炎の 改善は 睡眠から

ユーザー2
  • 眠ろうとすると かゆみが増して眠れない
  • 眠ろうとして布団に入ったものの、かゆみを感じて眠 れない人も多いようです。これは布団に入ることで体が 温まり、血管が拡張し、かゆみを感じやすくなるから。 また、体の機能が低下していると体温調節がうまく働か ず、体のほてりが抜けなかったり、急に汗をかいたり、 また逆に強い体の冷えを感じたりして眠れないという人 も多くいます。ア トピー症状がひど い人では皮膚の炎 症が熱を持った り、痛みが激しく てなかなか寝つけ ないというケース もあります。

    対策
    寝具や寝間着をなるべく 汗がこもらないタイプの ものを選ぶなど、工夫し ましょう。 また、寝る前の入浴時間にも注意を。 就寝直前の入浴は、体温の低下が遅 くなり入眠しづらくなることがありま すので、遅くとも就寝の2時間前に は入浴を済ませるようにしましょう。
  • 生活が昼夜逆転している
  • 皮膚の炎症を抑えたり回復させるために働く 「副腎皮質ホルモン」は、午前4時〜7時 頃に分泌のピークを迎えます。夜中じゅうか ゆみで眠れないという重症のアトピーの人も、 この時間帯は比較的調子よく過ごせるように なり、かゆみも減ってきます。そのため、明 け方になってやっとウトウトと眠り始め、起 き出すのは夕方……という「昼夜逆転」の生 活になりやすいものです。  症状が重い場合は「眠れるときに眠る」生 活で、まずは体を休めることが大切です。次 の段階では徐々に生活を戻していくことを考 えましょう。

    対策
    昼夜逆転は、内分泌 の関係からも、できる だけ改善できるように目指しま しょう。 一つの方法としては「昼に寝ない」 という方法がありますが、著し く体力を落としている場合には、 逆効果になることもあります。場 合によっては、専門医の指導の もと、体調管理を行いながら取 り組むようにしましょう。
  • 睡眠中、無意識に かきすぎてしまう
  • 意識があれば「かくのはちょっと我慢しよう」「爪 をたてずにやさしくかこう」などと考えられます。 しかし眠っている間の行動には制限がないので、無 意識にかいて目覚めたときには血がにじんでいた… ということも珍しくありません。 特に子どもはかき壊し やすいので、爪を丸く 短く切ったり、寝る前 にミトンをはめるのも よいでしょう。かゆみ が強い時は、目を覚ま したときにケアしてあ げましょう。

    対策
    寝ている間は、無意 識の行動が多くなり、 掻くことを制限するの が難しいことも多くなります。掻 いても傷が深くならない工夫を まずは行うと良いでしょう。
  • 寝汗をかくので 寝具がグッショリ
  •  通常、睡眠中は健康な人です と一晩に約200 ml の汗をかく といわれ、たくさん水分をとっ たり運動不足のときには、より 多くの汗をかいています。  アトピーの人で寝汗が多いと 感じる人もいるようですが、こ れは体の体温調節機能が不安定 になっていることや、ホルモン バランスの乱れなどが原因と考 えられます。また甘いものを食 べたりお酒を飲んだ後は、糖を 代謝するために働いて汗をかき やすくなります。寝汗でかゆみ が増すのも、アトピー肌には辛 いものです。

    対策
    基本的な対策は、「眠ろうと するとかゆみが増して眠れ ない」と同じく、就寝時の体温調整 に対する工夫を行うようにしましょう。 また、入眠前に過剰な水分摂取をする ことも避けると良いかもしれません。 ただし、一切、水分を取らないことは 逆効果ですので注意しましょう。
  • 眠りが浅く、 何度も目が覚める
  • 寝入るときは脳の眠りである「ノ ンレム睡眠」が次第に深くなり、 やがて体の眠りである「レム睡眠」 が訪れ、これを数回繰り返すのが 通常の睡眠のパターンです。この リズムが狂うと、眠りが浅いと感 じたり寝起きがすっきりしないよ うです。  かゆみで目覚めたり、テレビの 音や明かりなどが刺激になって脳 の眠りが妨げられ、何度も起きて しまうケースもあるようです。

    対策
    就寝時の環境に工夫を行いましょう。 個人差はありますが、暗闇にして寝る よりも、豆電球などでわずかな光をつ けておくと、安心感から眠りのリズムが良くなる ケースもあるようです。また静寂な環境はできる だけ心がけると良いでしょう。


  • アトピー性皮膚炎の方は、さまざまな理由により、 入眠や睡眠の質が低下しがちになります。それら を放置しておくことは、結果的に「自分の体で痒 みをコントロールする」ことが難しい状況を継続さ せやすいので、自分の睡眠で何が「弱点」なのか は、しっかり把握して対策するようにしましょう。 分かりづらい点や睡眠でお悩みのことはお気軽に アトピー相談室までご相談ください。







アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook

アトピーを知ろう!あとぴナビJP