アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 秋冬を快適に過ごすアトピーケア

秋冬を快適に過ごすアトピーケア

ユーザー2


  • ステロイド剤などの塗り薬を使っている場合、秋冬のスキンケアではどんなことに気をつけたらよいでしょう?塗り薬の種類別、症状別にポイントを整理してみましょう


  • 軟膏使っている場合


  • 塗り薬には軟膏とクリームがあります。軟膏とクリームでは性質が異なるの で、スキンケアの際には分けて考える必要があります。
    まず軟膏薬ですが、こちらはワセリン(保湿効果のある軟膏基材)をベースに使っているため、薬剤そのものには水分が含まれていません。そのため、肌が乾燥状態のままで軟膏薬を塗っても、角質層には水分が十分にない状態。これでは肌の乾燥状態そのものが緩和されることはありません。
    場合によっては、薬剤と一緒に病院から保湿剤として、ワセリン(プロペト、親水軟膏、亜鉛化軟膏なども含む)が処方されることもあるでしょう。この場合も、角質層に水分が少ない状態ならば同じことで、乾燥は防げません。
    もちろん、薬剤は炎症を抑えるので、炎症によるかゆみ(掻き壊しや免疫反応による炎症そのものからくるかゆみ)には効果的。しかし、角質層が乾燥していると、かゆみを知覚する神経線維が真皮から角質層内に侵入しやすくなります。このように、免疫反応とは関係ない乾燥など外部からの刺激 によるかゆみに対しては、薬剤は効果を発揮できないのです。
    したがって、軟膏薬を使用する場合は、ぬる前にしっかり保水してください。保水後に薬をぬるよう心がけましょう。




  • クリーム使っている場合


  • 次に薬剤がクリームの場合を考えましょう。クリーム剤は、水と油分を乳化させて作るため、ある程度の水分を含んでいます。しかし、クリーム剤を使う目的は、薬剤の成分を肌によく浸透させることで、肌の保湿や保護のためではありません。保水はある程度できても、十分な保湿効果があるとは いえないでしょう。

    だから、クリームの塗り薬を使用する場合は、ぬった後の水分蒸散量を減らすことがポイントです。ぬった後にプラスして「保湿」を意識したスキン ケアを行うようにしましょう。



  • 搔き壊し多い炎症強い感染症併発している場合

  • かき壊しが多い、肌の炎症が強い、感染症を併発している場合などはどうでしょう。ステロイド薬などは炎症を緩和することはできますが、感染症やかき壊した肌の傷の回復などには、あまり役立ちません。感染症だけに限っていえば、ステロイド薬などは体の免疫力を抑制してしまうため、かえって逆効果になってしまいます。 掻き壊しが強くジュクジュクした状態の肌や、感染症にかかった状態の肌に対しては、保水や保湿だけではなく、保護を意識したスキンケアが必要になります。
    保護成分が入ったスキンケアアイテムを使ったり、包帯などで肌を直接ガードしても良いでしょう。




  • 塗り薬スキンケア重要ポイント


  • 塗り薬を使いながらのスキンケアで は、もう一つ大切なポイントがあります。それは、薬やスキンケアアイテムを塗る順番。

    まず「保水」が必要な場合は、これを一番最初に行います。薬を塗った後に水分系のアイテム(ローションや温泉水など)を使用しても、薬に含まれる油脂が水分の角質層への到達を妨げることになります。必ず水分系のアイテムを使用した後で、薬を塗りましょう。
    保水が足りていて「保湿」「保護」を行う場合には、薬を塗った後に、「保湿」「保護」の順番で行います。




アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP