アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 7月のスキンケアと入浴のポイント

7月のスキンケアと入浴のポイント

ユーザー2


  • 基本は、部位別、状態別にスキンケアは細かく分けて考えることです。  
    例えば、冷房やドライの効いた室内にいるときと、外に出かけたときでは、湿度、気温など外的な環境要因は異なるので、 皮膚の状態も変化してきます。また、汗が溜まりやすい部位(頭皮、肘やひざの裏、首など)と、普段は衣類などに覆われて 露出することがない部位などでも、必要なケアは違ってきます。  部位や状態など様々な条件を考えながら、適切なケアを行うようにしましょう。



  • 薄着で日光にあたることが多くなる時期は、紫外線のダメージが心配。特に常時外気にさらされている顔のケアは大切ですね。  
    そこでおススメなのは、火照ったダメージ肌をやさしくクールダウンしてくれる「デューレックス フェイシャルマスク」。 就寝前のナイトケアとしてだけではなく、テレビをみたり読書をしながらの「ながらケア」も手軽にできて便利です。 もちろん、男性でも快適に使えます。  
    夏場でも、エアコンなどの影響で顔は意外と乾燥しているもの。顔の乾燥が気になる場合は、1日に1回フェイシャルマスクでケアしてみましょう。






  • 髪の毛は、ほこりや異物を付着させやすく、また頭皮自体が汗をかきやすいため、これからの季節は十分なケアが必要になります。 そこでおススメなのは「Pululu スカルプローション」。しっかりとした保水と保湿を行いながら、 それでいて髪の毛がべたつくこともあまりありません。制菌効果もあり、さっぱりと、髪の毛と頭皮の両方をケアしてくれます。







  • 冬場と違い、これからの時期は気温の上昇と共に湿度も上がるため、肌の水分蒸散量は低下し、 肌があまり乾燥しなくなったと感じる人も多くなります。  
    それでも多少なりとも乾燥が残っていれば、肌にとってはマイナス材料。ローション系アイテムで肌に水分をしっかり 与えることを中心に考えるといいでしょう。初夏の季節にぴったりのアイテムを一つ選ぶとすれば「APローション」です。
    粘度が多少あるため、冬場は他のクリームと併用しないと乾燥が気になっていた人でも、APローション1本だけで満足できたという 感想も多くいただいています。





  • 掻き壊して体液が出ているような状態の 場合、ローションなどの水分が多いアイテムだと肌にしみることがあります。そんな場合は「ピュアサージオイル」を使ってみましょう。  
    サージ(グミ科の植物)特有のにおいが少し気になる…という人もいますが、ダメージを受けた状態の肌には、適切なケアができます。  
    ただ、オイル系アイテムのわりに保湿効果が弱い傾向がありますから、同時に乾燥を感じている場合は、「箱根の源泉」や 「安然宣言 スキンオイルΩ」で保水と保湿をカバーするとよいでしょう。










アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP