アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 状態に合わせたアトピー快適スキンケア

状態に合わせたアトピー快適スキンケア

ユーザー2


  • 秋から冬にかけての季節を考えると、夏の時期とは違い、スキンケアの基本は「保水+保湿」、そこに、お肌の状態に合わせて「保護」を加える形となります。個人ごとにより異なるアトピー性皮膚炎の症状を考えた場合、全てのお肌の状態に合わせた使い方を個別に誌面で表すことは、スペースの都合でできませんが、比較的、多く見られる代表的な症状を例にとって、選び方を説明しましょう。



  • この状態で対処を誤ると、乾燥から来るかゆ み、あるいは、乾燥からバリア機能が低下し て黄色ブドウ球菌が定着することで生じるか ゆみを招く恐れがあります。それほど強いス キンケアは必要ありませんから、ローション や水分を含むジェルやクリームで保水を中心 に、乾燥状態によっては、保湿をプラスした スキンケアを心がけましょう。


  • この状態は、皮膚機能の低下が中心となって、 乾燥肌から症状が悪化しているパターンで しょう。炎症部位には感染症らしき症状も見 られます。まずはバリア機能を強化できるよ うな対策をしっかり心がけましょう。水分系 のアイテムでしっかり保水してから、さらに 保湿もしっかり行うようにしましょう。


  • この状態で誤ったスキンケアで多いのが、オイル系アイテムのみを使用してい るケースです。病院で処方されるものとしては、ワセリンなどです。水分が含 まれない油脂性のアイテムを使用しても、「乾燥状態」は適切に緩和されませ ん。確かに皮膚が柔らかくなりますので、動かしやすくなりますが、乾燥状態 から生じるかゆみに対して十分な効果をスキンケアで得られていないと言える でしょう。まずは、しっかり水分を与えることを忘れないようにしましょう。





アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP