アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 元気で快適な夏の過ごし方 Q & A

元気で快適な夏の過ごし方 Q & A

ユーザー2
質問:Question
夏のアトピー肌の症状は、どのようなものでしょうか?
答え:Answer
肌が良化する人と悪化する人がいます

夏は気温と湿度が上がり、体は熱を放出して汗をたくさんかきます。そのため、アトピー肌の方は、湿った空気と自分の汗によって、カサつきが和らぐことが多いようです。

逆に肌が悪化しがちなのは、炎症やキズがある場合、また肌のバリア機能が弱くなっている場合など。菌が入りやすい状態で、とびひやヘルペス、カポジなどの感染症にかかりやすいので注意が必要です。

もともとの症状に加え、暑さによる疲れや体力の低下、睡眠不足、冷房での冷えや食欲不振など、さまざまな要因が重なって症状が悪化するとも考えられます。季節や自分の状態に合わせて、生活全般を見直すことが大切です。
 
質問:Question
感染症以外で夏にアトピー肌が悪化する原因はありますか?
答え:Answer
汗が原因で炎症になり「あせも」で悪化するケースも

肌に炎症やキズがある場合は、汗もトラブルの原因に。乾燥した肌では、肌表面に残った汗の成分が角質層に入り込みやすく、これが炎症を招きます。また、汗をそのままにして「あせも」になると、肌の症状が悪化するケースもあります。

汗が肌についたままの状態でいると、汗を出す「汗腺」が閉じるとき、肌表面についた雑菌やホコリも一緒に吸い込んでしまいます。夏はこまめに汗を拭き取りましょう。もちろん、汗をかくのを恐れて運動不足になるのは禁物。肌をいつも清潔に保って、元気に夏をのりきりましょう!
 
質問:Question
汗をかくと、もうれつにかゆくなります。どうすればいいでしょう?
答え:Answer
冷おしぼりで汗の拭き取りを/肌着は綿100%がおすすめ

汗をかくと肌の表面に血液が集まるので、いつもよりかゆみを感じやすくなります。 清潔なタオルやおしぼりを冷たい水につけて絞り、汗をやさしく拭き取りましょう。この爽快感たっぷりの「冷おしぼり」を冷蔵庫にたくさん用意しておくと、いつでも使えて便利です。
肌に触れる肌着の素材は、熱を閉じ込めない綿100%がおすすめ。汗をかいたらこまめに着替えるようにし、外出時にもできるだけ着替えを持参しましょう。
 





アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP