アトピー治療ならあとぴナビホーム知識ナビ > ステロイドってなんだろう?

ステロイドってなんだろう?

フリー
質問:Question
医師には「リバウンドはステロイド剤の副作用ではなく、アトピーが悪化しただけ」と言われました…。
答え:Answer
根本から間違っています。ステロイド剤により、免疫を抑制し続けた結果、症状が悪化したのです。アトピーの方は、基本的に細菌感染を引き起こしていますので、その部分の治療に免疫を抑制する薬剤を使用すること自体が間違っているのです。
 


質問:Question
昼夜逆転しています。どうすればいいのでしょうか?
答え:Answer
私たちの体は、睡眠をとることで休息しています。メンタル面ではストレスを、フィジカル面では疲労を修復します。夜にきちんと眠れていることで、副腎皮質ホルモン、成長ホルモン、睡眠を司るホルモン(メラトニン)、食欲を高めるホルモン(グレリン)などのあらゆるホルモンの分泌が正常化されていきます。夜に寝てはじめてホルモンは整いますので、眠る時間帯を夜に合わせるように努力してみてください。具体的には、昼間の眠気をできるだけ我慢する。早寝早起きのサイクルで行動する。早朝に太陽を浴びて体内時計を正す。食事は、肉を減らし、大豆タンパクを摂る“軽めの和食”を意識する。毎食後に10分ずつでいいのでウォーキングなどの軽い運動をする。夜は21時くらいからは眠りのためにリラックスすることを考え、心地よい音楽を楽しみ、テレビやゲームなどは控え、眠れなくても22〜23時には布団に入るようにします。実際に夜に眠れると、眠りのサイクルが徐々に整いだします。努力してみてください。
 


質問:Question
ステロイド剤を少しずつ減らしていくことでリバウンドを出さずにステロイド治療をやがて中断できますか?
答え:Answer
ステロイド剤の目的がアトピーを治すことではなく炎症やかゆみを抑えることに主眼がある以上、アトピーそのものの治癒は望みにくいといえます。同時にアトピーが治癒しなければかゆみや炎症は繰り返しますので、ステロイド剤を減らしながら継続使用することはある意味矛盾しており、実際、何らかの悪化因子で症状が一時的に悪化した段階で、再び従来の量のステロイド剤治療に戻ってしまうケースは頻繁に見受けます。また、塗布は、内服のように明確に減らすことが難しいので、リバウンドが強く出現しそうなら、2日に1回塗布から3日に1回塗布を2〜3週間行い、それから完全に中止するという方法をとります。
 


質問:Question
医師の指示通り塗れば、ステロイド剤は副作用のリスクなく使い続けられるのでしょうか?
答え:Answer
あり得ないでしょう。ステロイド剤を長期使用することで、皮膚の委縮などをはじめとする副作用は現れます。また、使用期間の長さや、使い続けたことで受けたダメージにより、リバウンドが現れることも十分に考えられます。
 


質問:Question
塗るステロイド剤が効かなくなってきたので、内服に替えましょうと言われました。
答え:Answer
体へのダメージがより強くなると考えられます。何のためにステロイド剤を用いるのか、その効用を自身で納得するかどうかがまず大前提となります。また、内服はいったん始めると、中断には、外用以上のリスクを伴います。
 



アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook

アトピーを知ろう!あとぴナビJP