アトピー治療ならあとぴナビホーム体験ナビ > アトピー克服体験記

アトピー克服体験記

ユーザー1
  • 栃木県 藤田美保子さん

ハッピー・ライフ・レポート


高校の音楽教師として、めいっぱい働いていた頃にアトピーを発症した 藤田美保子さん。 夜は眠れず、朝起きれば顔のひび割れで血だらけになっているという状 態から、温泉湯治を開始して1年ほどで克服。 「自分自身がいい状態でいるためには、楽しい気持ちで過ごすことが大 切」と話す藤田さんのポジティブな考え方と感性は、いかにして生まれ たのでしょう? 8月号と9月号の2回にわたってお伝えします。

栃木県 藤田美保子さん
  • 「どの時点でアトピー克服といえるの か、わからないんですが、湯治を始めて から皮膚が修復するまでは1年かかりま せんでした。ただ、ちょっとしたことで かゆみが出て、一進一退の時期がしばら く続きましたけど」と、克服直前の様子 を語ってくれた藤田さん。

    日本オムバスに相談に訪れる数カ月前 には、浸出液が絶えず流れて顔が腫れ、 体温調節の機能が低下し、眠ることもで きないほどに症状が悪化。一度はどん底 の気分を味わって、途方に暮れましたが、 湯治を始めてからは目に見えて皮膚の状 態が回復。玄米菜食の食事を取り入れる など、前向きに取り組んでいたのも回復 の後押しにつながったようです。

    「ずっと反対していた両親が湯治を許可 してくれただけで『これで治る』って思 ったんです。やはり、気の持ちようは大 切ですね」。
  • 「自分は治る!」というイメージが克服への第一歩
  • コーチングの資格も持つ藤田さんは、 日頃から「夢を実現させるのが自分にと って大きなテーマ」と考えています。た とえばオリンピックに行く選手は、漠然 と夢見るだけではなく、「自分は必ずオ リンピックに行く!」と、現実的にとら え、強い気持ちを持ち続けるといいます。 「長年にわたって『○○を実現したい』 と願っているのに実現できない場合、自 分の心の内側を見ていくと、わずかでも クエスチョンマークがあったり、自信の なさがあるんですね。逆に『絶対にこう なる!』と思い描いていれば、実現度は 大きく高まります。強い気持ちを持ち続 けていると、いつの間にかそういう方向 に向かって動いていくんですよ」。

    皮膚に関しては「健康だった頃の肌に 戻って当たり前」と思っていた藤田さん。 「そうならなければ治ったとは言えな い!という気持ちでした。『きっと治 る!』とイメージできたことが大きかっ たなと思います」。

    とはいえ、完全によくなるまでは時間 がかかりました。職場復帰の問題や、治 ったあとのことを考えてのプレッシャー もあったからです。「きっと大丈夫」と 思いながらも、毎日の生活で多少のぶり 返しがあると、「本当に大丈夫だろうか」 と不安になる日々……。
    「不安が押し寄せると、またブワーッと 症状が出るため、気持ちが揺らぎました。 そのたびに回復してきた経過を振り返っ て、自分を励ましました」。そして一進 一退を繰り返しつつも快方に向かってい くことで、自信を取り戻していったので す



ハッピー・ライフ・レポート



アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP