アトピー治療ならあとぴナビホーム医療ナビ > ステロイド剤との正しい向き合い方

ステロイド剤との正しい向き合い方


  • ステロイド剤はアトピー性皮膚炎を治す薬剤?
  • ------ 治す薬ではありません。

    ステロイド剤を処方されたアトピー性皮膚炎の患者が医師に「ステロイド剤でアトピー性皮膚炎は治りますか?」と尋ねると、「治ります」と答える医師が多いようです。 
    しかし、ステロイド剤は免疫を抑制するだけの薬剤であり、アトピー性皮膚炎の原因は免疫機能だけではありません。 
    また、アトピー性皮膚炎により生じる痒みとは、「病気の症状」です。 
    例えば、風邪を引いた際に、咳や熱が出ることがありますが、では、咳や熱を薬剤で抑えることは風邪の治癒につながるかというと、そうではありません。逆に長引く原因になることもあります。 
    これは、熱や咳といった症状が持つ「目的」が、風邪を治すための治癒力の一つであるからです。 
    ウィルスや細菌は高熱の環境では増殖できなくなる特性があります。つまり、熱が上がるのは、そうしたウィルスや細菌の増殖を妨げようとする自然治癒力の働きの一つです。 
    咳も、肺胞や喉のウィルスを外に除外しようとする自然治癒力の一つです。 
    つまり、熱や咳を「止める」治療は、患者自身の体感として楽にはなりますが、病気を治す面からみると、自然治癒力の一部を失うことになり、それが長引く要因につながるといえます。 
    もちろん、症状を薬剤で抑えることが、間接的に病気の治癒に役立つことはあります。 
    しかし、解熱剤の目的が熱を下げることにあり、風邪を治すことにはないのと同様に、ステロイド剤も、アトピー性皮膚炎の症状を抑えることはできても、直接、アトピー性皮膚炎という病気自体を治す薬剤ではない、ということです。 
    痒みを抑えることが、治癒に間接的に働くことはありますから、そういった「広義」の意味合いで、医師はステロイド剤でアトピー性皮膚炎が治る、と表現しているわけですが、患者はステロイド剤を塗布することで「アトピー性皮膚炎が治る」と勘違いするケースが出てきます。 
    これがなぜ問題かと言うと、例えば、微熱を生じる疾患の場合、微熱の原因となっている疾患の治療を行わずに、解熱剤の服用を行っても、薬剤の効果が薄れれば、再び微熱が生じますので、長期連用に至りやすくなります。そうなれば、解熱剤によるリスク(副作用)も、使用頻度に応じて上がることになります。 ステロイド剤も同様で、「ステロイド剤を塗ればアトピー性皮膚炎が治る」と思った患者は、アトピー性皮膚炎の「治療」をステロイド剤のみに依存します。 
    アトピー性皮膚炎は、本来、生活習慣や生活環境などにより生じた負荷を「警告信号」として現わしていることが多く、発症した段階では「軽症」で始まると考えてよいでしょう。 
    しかし、痒みを抑えることでアトピー性皮膚炎が治った、と勘違いすると、負荷が生じていた生活習慣や生活環境を省みることがなくなりますので、ステロイド剤の効果がなくなれば、再び痒みが現れてきます。 
    これを繰り返していくことで、本来、軽症だったアトピー性皮膚炎が、薬剤のリスクが重なることで、少しずつ重症化、難治化していくケースがあるわけです。 
    ステロイド剤が「できること」は、痒みを抑えることであって、痒みの原因を治せるわけではないこと、そしてアトピー性皮膚炎という疾患9自体も、ステロイド剤が直接治すことはできないことを知っておくべきでしょう。


アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook