アトピー治療ならあとぴナビホーム医療ナビ > ステロイド剤との正しい向き合い方

ステロイド剤との正しい向き合い方



  • ステロイド剤はアトピー性皮膚炎に 必要? 不要?
  • では、ステロイド剤はアトピー性皮膚炎に対して、不要な薬物かというと、そうではありません。 
    一時的に炎症を抑え、痒みを抑える薬剤は、ステロイド剤やプロトピック軟膏など免疫抑制作用を持つ薬剤以外にはないからです。 
    先ほど、アトピー性皮膚炎の発症段階では、ほとんどが軽症で始まることを述べました。 
    つまり、発症した原因も軽微なことが多く、例えば睡眠時間をしっかりとる、食事のバランスを良くする、体を動かして代謝を良くする、ストレスを解消する、といったことができれば、自然に治癒していきます。 
    その治癒する過程をしっかり生活の中で組み込むことができれば、症状を抑える、という治療も意味があると言えるでしょう。 
    多くのアトピー性皮膚炎患者は、ステロイド剤の使用による影響を受けることはありません。 
    それは、発症段階で軽症だったアトピー性皮膚炎は「治りやすい」から、ということが言えるからです。 
    ただ、発症の原因に目を向けなければ、体はいつまでも痒みを「作り続ける」ことになり、ステロイド剤の使用が少しずつ長くなります。 
    そうすると今度は、ステロイド剤が原因でアトピー性皮膚炎を悪化させる悪循環に入り込む恐れが出てくる、ということです。 
    アトピー性皮膚炎は皮膚に症状が現れる疾患ですが、病気の原因は皮膚だけにあるわけでなく、また、皮膚の原因だけでみれば、ステロイド剤などの薬物よりも、スキンケアの方がより有効性を発揮します。 
    ステロイド剤を使用する場合、ステロイド剤にできること、そしてどのような目的でステロイド剤を使用するのかをしっかり把握し、その上で、ステロイド剤が生体にマイナスの影響をもたらしていないかをチェックすることが大切だと言えるでしょう。 
    もっと大切なことは、アトピー性皮膚炎を治すためには、「アトピー性皮膚炎の原因を解消する」ことにあることを忘れないようにしましょう。


アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook