アトピー治療ならあとぴナビホーム医療ナビ > 冷えとりで病が治る 第6回

冷えとりで病が治る 第6回



  • 心と体は自律神経でつながる
  • 自律神経には、エネルギーを消費する状 態で働く「交感神経」と、休息している状態 で働く「副交感神経」があります。昼間活 動しているとき(緊張状態)は交感神経が優 位に働き、夜の睡眠中(リラックス状態)は 副交感神経が優位に働いており、この2つの 神経がバランスよく働くことによって、体は コントロールされています。

    体のコントロールは、自律神経から出る神 経伝達物質によって行われます。交感神経 から出るアドレナリンやノルアドレナリンに は、体を活動的にする働きがあります。心 臓の働きを活発にし、呼吸も速くなります。 副交感神経から出るアセチルコリンには、血 管を拡張させ、リラックスを促す働きがあり ます。心臓や呼吸を穏やかにし、胃腸の消 化活動を活発にします。

    心の状態の影響を受けやすい自律神経が 体の調子をコントロールしているわけですか ら、心と体は自律神経を通してつながってい ると言えます。ストレスを受けて心と体が 緊張状態になれば、交感神経が優位に働き ます。その結果血管が収縮し体は冷え、体 が冷えた状態が続けばそれ自体が新たなス トレスとなり、凝り固まって冷えた心も元に 戻りにくい悪循環となってしまいます。
  • アトピーにも心の冷えが関係している
  • 本シリーズでこれまでに取り上げた「がん」 「肥満」 「胃・十二指腸潰瘍」などの病気でも、 ストレスとの関係が大きいことを繰り返し 述べてきました。心の病気に限らず、実はほ とんどの病気が心の冷えと大きく関わってい ます。アトピー性皮膚炎もしかりです。 病気になってしまった人は、先行きの不安 や恐怖と闘うために精神的な緊張が続いて います。交感神経が高ぶった状態が続くの で、心も体も冷えてしまいます。体が冷えれ ば免疫力が低下し、病状も悪化しやすくな ります。

    このような悪循環から抜け出すために、 まずは体を温めること。ゆったりとリラック スした入浴を習慣とし、湯たんぽや腹巻、 靴下の重ね履きなど、日常的にできること をどんどん取り入れましょう。 心の問題で言えば、凝り固まった感情を ほぐすように気分転換を試みましょう。暗 い気持ちになったときは、明るい気持ちや感 謝の気持ちに切り替える習慣を日頃から身 につけておくと、ストレスに強くなります。また、周り に気を使いすぎたり、責任感が強くまじめなタイプの 人は、自分の感情を隠し続けて緊張し、心が冷えやす くなっています。本を読んだり映画を観ては、泣いたり 笑ったりして、自分の感情を吐き出せる機会を積極的に 作りましょう。

    最後に一番重要なことは、心を冷やすきっかけと なった原因を解決することです。働きすぎ、頑張りす ぎ、慢性の睡眠不足など、思い当たることがあれば、生 活全般の改善が必要です。は冷えていきます。





アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook