アトピー治療ならあとぴナビホーム医療ナビ > 冷えとりで病が治る 第8回

冷えとりで病が治る 第8回


監修:川嶋 朗(かわしま あきら)
東京女子医科大学附属青山女性・自然医療研究所・自然医療部門准教授/東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長 1957年生まれ。北海道大学医学部卒業。東京女子医科大学大学院修了。ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院留学。医学博士。専門は腎臓病、膠原病、高血圧症など。東洋医学、代替医療などにも造詣が深く、統合医療に精通。『心もからだも「冷え」が万病のもと』(集英社新書)、『クールな男は長生きできない』(ORANGE PAGE BOOKS)、『すべての病は「気」から!』大和書房など著作多数。
  • 風邪は誰もがかかる身近な病気。 感染しやすく、こじらせると怖い病気でもあります。 でも、冷えを取り除いて免疫力を高めれば、予防することも可能です。 風邪について理解して、 風邪をひきにくい体になる生活習慣を身につけましょう。
  • 風邪を治しますか?症状を緩和しますか?
  • 風邪の患者さんを診る場合、私のクリニッ クでは最初に確認することがあります。 「2、 3日ゆっくり休んで早めに風邪を治します か? それとも、すぐに症状を緩和させて とりあえず体を楽にしたいですか?」と訪 ねて治療方針を決めるのです。
    早めに風邪を治すためには、咳や鼻水、 熱といった症状を少し強めるような治療を します。風邪の諸症状はウイルスを外に出 すための反応だから、この反応を強めること によってより早くウイルスを追い出し、風邪 を根治させることができます。具体的には、 ゆっくり休息をとりながら、漢方薬などで 体温を上げてウイルスを追い出しやすい状態 にして治します。
    一方、仕事などの都合で休みがとれず、す ぐに症状を緩和させたい場合は、とりあえ ず咳止めや解熱剤を使います。もちろん、こ の場合は風邪が長引きやすくなるのでその 旨も伝えます。咳止めや解熱剤などの対症 療法的な西洋薬は、症状を緩和して体を楽 にします。しかし、ウイルスを追い出そうと する症状を抑えてしまえば、体内はウイル スにとって住み心地のよい場所となり、薬が 切れれば症状はもとに戻ってしまいます。だ から結局は風邪が長引くのです。
  • 「治す」と「緩和する」は正反対の治療
  • これら2つの治療方針は、そもそもの目 的が違います。風邪を早く治すための治療 は、症状を出し切ってウイルスを追い出しま す。一方、症状を緩和させるための治療は、 症状を出さないように働きかけ、その結果 ウイルスは温存されます。全く正反対の治 療をしているといってよいでしょう。
    「風邪を治すこと」と「風邪の症状を緩和 すること」が正反対の治療であるならば、あ なたはどちらを選ぶでしょうか? もちろ ん人それぞれの事情があるので、どちらがよ いかはケースバイケースです。しかし、咳止め や解熱剤といった対症療法のための薬を使 う場合は、症状がつらいから一時的に抑えて いるに過ぎないということを理解しておいて ください。
  • 風邪を「ふうじゃ」と呼ぶ中国医学
  • 西洋医学では、風邪は、ウイルスによって 上気道(咽頭から扁桃、喉頭、気管支など、 呼吸時に空気が通る道)に炎症が起こってい る状態と捉えられています。ウイルスによっ て炎症が起こるのだから、風邪のウイルス自 体をやっつければいいのですが、現状はそのよ うな薬はありません(風邪のウイルスに抗生 物質は効きません)。対症療法として、咳や 熱の症状を抑える薬で治療します。 一方中国医学では「風邪」を「ふうじゃ」と いい、人間の体内に外から邪気が入ってきて、 それで病気になると考えられています。外からの邪気は、首スジにあるツボ( 風府ふうふ・風地ふうち・風門ふうもん)から入り込んでくるといわれています。
    「風邪の原因はウイルス」という常識を持って いる我々にとって、中国医学の「風 ふ う 邪じ ゃ 」という 考え方は、少し奇妙なものに思えます。で は、その治療方法はどうなのでしょう?





アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP