アトピー治療ならあとぴナビホーム医療ナビ > 冷えとりで病が治る 第12回

冷えとりで病が治る 第12回


監修:川嶋 朗(かわしま あきら)
東京女子医科大学附属青山女性・自然医療研究所・自然医療部門准教授/東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長 1957年生まれ。北海道大学医学部卒業。東京女子医科大学大学院修了。ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院留学。医学博士。専門は腎臓病、膠原病、高血圧症など。東洋医学、代替医療などにも造詣が深く、統合医療に精通。『心もからだも「冷え」が万病のもと』(集英社新書)、『クールな男は長生きできない』(ORANGE PAGE BOOKS)、『すべての病は「気」から!』大和書房など著作多数。
  • 本連載も、いよいよ最終回。最後のテーマは、身体の側面から、そして心の側面からみたアトピー性皮膚炎。 川嶋先生の豊富な臨床経験から、病を治すために大事なことをお伝えします
  • アトピー性皮膚炎の患者さんを、これまで 大勢診察してきました。その経験から思う ことは、この病気は非常に多くの要因がか らみ、とても複雑な病気だということです。 さらに実際の診察では、患者さんそれぞれ が個別に抱えている問題を探ることも大切 です。
    なぜなら、アトピー性皮膚炎には身体面 のみでなく心の問題も大きく関わってくる からです。特に思春期を過ぎた年代から、 成人以降の大人の患者さんと接していると、 心の問題が大きなウエイトを占めているよう に感じます。
    アトピー性皮膚炎について、まず身体面の 問題から始めて、それが心の問題とどう結 びついているのかを考えていきます。
  • アトピー性皮膚炎は免疫系のトラブルで起こる
  • アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患 は、体の免疫系のトラブルによって起こりま16 す。免疫とは、外部から侵入してくる病原 菌などを、押し返して体に入れないように する働きです。例えばあまり風邪をひかな い人は、風邪のウイルスに対する免疫力が高 い人。免疫は、体を病気から守ってくれてい るわけです。
    ところがこんな話をよく聞きます。衣替 えの時期に、押入れの衣装ケースにしまって あった服を出した。そのときホコリをたくさ ん吸ってしまい、ダニアレルギーになってしまっ た。長年掃除していなかったエアコンのフィル ターを掃除した。掃除の際のホコリがすごく て、気管支喘息になってしまった。
    これらは、もともと体の敵とみなされてい なかったハウスダストやダニの糞などが、ある きっかけで敵とみなされ、アレルギー症状を 起こしてしまった例。花粉症も同じことで す。今までなんでもなかったスギやヒノキの 花粉が、ある日を境に体の敵となってしまい、 それを追い出すためにくしゃみやはなみず が止まらなくなります。
    ハウスダストや花粉を敵とみなすかどうか の判断は、免疫が行っています。だから免疫 が、本来敵ではない相手に過剰反応を示す トラブルがもとで、アレルギー疾患が起こり ます。なぜこのようなトラブルが起こるのか といえば、自然環境や生活環境の変化など 実に様々な要因が、体の自律神経の働きを 乱し、免疫にも影響を与えていると考えら れます。
    (自律神経と免疫の関係については、 本連載第9回「腸を温めてアレルギー疾患を 改善する」を参照してください。)
  • 腸を温めてアトピーが改善した
  • 免疫を狂わせるのは、ダニや花粉、化学物 質などのアレルゲンだけではありません。む しろアレルゲンは、アレルギー症状を起こす 引き金にすぎず、根本的な原因とは言えま せん。花粉が飛ばなければ花粉症も起こら ないように、アレルゲンを遠ざければ、アレル ギー症状は出にくくなります。しかし症状 が出にくくなっても、免疫機能が花粉を敵 (アレルゲン)とみなすことに変わりはありま せん。
    そこで注目したいのは、腸の働きです。腸 は体全体の免疫システムを司る、大変重要 な臓器だからです。特に小腸は、面積が皮 膚の200倍、全身の70%もの免疫担当細胞 が集まっている場所。体にとりこまれた食物 が、内臓の様々な臓器を通過してエネルギー になる過程で、腸は食物の消化・吸収という大切な役割を担っています。 実は、様々なアトピー患者さんを診ている と、どうも腸の働きがうまくいっていない。そ のせいで免疫の働きが乱れ、アレルギー症状 を起こしているんじゃないかと思われます。 腸の働きが悪い人は、だいたい体が冷えてい て、漢方薬などで腸を温めるとアトピー症 状も改善されることが多いからです。
    内臓、特に腸が冷えると、食物の消化・吸 収・解毒がうまくいかず、抗原抗体反応が起 こりアレルギーの原因となるというのが、私 の仮説です。腸を温めてアトピーが改善され たのは、腸に集まる免疫機能が整い、免疫と 関係の深い自律神経のバランスもよくなったからと考えています。





アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP