アトピー治療ならあとぴナビホーム医療ナビ > アトピーを長引かせないために、知っておきたい感染症の基礎知識

アトピーを長引かせないために、知っておきたい感染症の基礎知識


監修:木俣 肇先生(きまたはじめ)
(医学博士)医療法人彩樹 守口敬任会病院アレルギー科
1953年生まれ。77年京都大学医学部卒 業。85年からUCLAに留学し、アレルギ ーの研究に従事。アトピー性皮膚炎に関 する研究を海外の雑誌に多数発表。アト ピー性皮膚炎患者の毛髪分析にて、ミネ ラル異常を世界で初めて報告。アトピー 性皮膚炎は適切な治療と、規則正しい生 活、感情の豊かさ(愛情と笑い)によるス トレス発散によって治療しうるとして、講 演活動も積極的に行っている。
  • アトピー性皮膚炎(以下、アトピーと略します) を発症している皮膚は、表面のバリアが壊れて いる(防御機能が低下している)ことが多く、外 部から細菌やウイルスを侵入させやすい状態に あります。そのため「感染症」にかかりやすく、 この感染症が、アトピー治癒を遅らせてしまう原 因の一つにもなっています。みなさんの中にも、 ヘルペスや黄色ブドウ球菌による感染症を繰り 返し発症している方もいらっしゃることでしょう。 今回の特集では、感染症のなかでも最近急増 している「ヘルペス」「カポジ水痘様発疹症」 (ヘルペスの重症型・全身型)を取り上げます。 ヘルペスってどういうもの? 予防法は? かかっ てしまったらどうすればいい?など、知っておき たい基礎知識をご紹介しましょう。
  • ヘルペスには2種類ある
  • 「ヘルペス」には「単純ヘルペス」 と「帯状疱疹」の2種類がありま す。同じヘルペスとはいえ、この 2つは違うものです。
    単純ヘルペスの中でもよく知ら れているものに「口唇ヘルペス」 があり、これは、アトピーでなく ても、疲れやストレスから、また は風邪で発熱したときなどにもで きやすい、唇付近の水ぶくれです。 「単純ヘルペスウイルス」との接触 により発病します。
    「帯状疱疹」は、水痘(一般的な名 称は「水ぼうそう」)にかかったこ とのある人にしか発症しないもの で、かつて水痘になったときのウ イルス(水痘・帯状疱疹ウイルス) が神経に残り、それが体調悪化な どの免疫力低下時に活性化して発 病するものです。
    口唇ヘルペスや帯状疱疹は、ア トピーの方に限らず、誰にでも同 じリスクでかかるものです。
    そして、アトピーの方に起こり やすい「ヘルペス」は、前者の「単 純ヘルペス」なのですが、「口唇 ヘルペス」とはまた違い、顔、手、 足、背中などのあらゆる部位に見 られるものです。
  • カポジは、単純ヘルペスが悪化したもの
  • 単純ヘルペスウイルスは、どこ にでもあるウイルスで、傷や火傷 といった皮膚の異常があるところ に付着しやすい性質を持ちます。 アトピーで皮膚のバリアが壊れて いると単純ヘルペスウイルスを侵 入させやすく、それにより単純ヘ ルペス(以下、ヘルペスと略しま す)が発症します。
    ヘルペス感染症が広範囲に及ん だり、局所的であっても重症化し た症状は「カポジ水痘様発疹症」 (以下、カポジと略します)との病 名になります。つまり、ヘルペス の重いものがカポジなのです。
    ヘルペスにかかると"痛がゆ い"症状に襲われますが、アトピー の症状がある人にとっては、アト ピーによる痛がゆさと区別がつけ にくいものなので、感染してもす ぐに気づきにくい場合もあるで しょう。





アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP