アトピー治療ならあとぴナビホーム医療ナビ > 入浴がアトピー治療の切り札となる理由教えます

入浴がアトピー治療の切り札となる理由教えます


  • 代謝力を上げる入浴法

  • 一定の代謝量を得るためには、成人の場合30分以上しっかり入浴する。

    30分以上の入浴では、ある程度体に負荷がかかる。なるべく負荷を軽 減させながら代謝を促進させたいので、体温に近い温度での入浴が 大切になる。
    冬場は湯温が下がりやすいため40℃くらいに上げてもよいが、できれ ば39℃をキープしたいところ。湯温の調節も大切。

    代謝をしっかりあげてアト ピーを改善させるために は、ある程度の量の入浴 が必要。夜、朝の2回を基 本に、時間のあるときはな るべく入浴回数を増やす。 ただし、回数をノルマ化し て精神的な負担にならな いように。
  • 38℃で沸かしたお風呂は38℃でない?~湯温調節のススメ
  • タイトルをみて「えっ何で?」と思うかもしれませんが、私たちがお風呂に入っ て温まった分、確実にお風呂の温度は下がります。
    特に寒い季節は身体も冷えており、大人が一人入浴すると浴槽のお湯の温 度は2℃近く下がるといいます。お子さんと一緒に入るともっと下がります。 「38℃で沸かしたのによく温まらない」「冬は39℃でも温まらない」と感じる のは上の理由で当然なのです。
    季節によって、人数によって温度が下がらないように調節する必要がありま す。機械の設定温度はあくまで目安と考えて、実際の入浴中の温度を測って 調節してください。
    給湯式のお風呂で調節が難しい場合 は、熱湯を入れたポットを浴室に用意し て、測った温度が低かった場合は浴槽 に熱湯をつぎ足すのも一法です。(熱湯 でやけどをしないように注意。特に子ど もさんには熱湯にご注意を!)





アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP