アトピー治療ならあとぴナビホーム医療ナビ > 夏の衣替えアレルギー対策

夏の衣替えアレルギー対策


  • クリーニングに出したり、きれいに洗濯してから 押入れやたんすにしまっても、ダニやカビ、花粉、様々 な化学物質などが衣類に吸着してしまいます。しまってあった 衣類を出すときは、洗える衣類は必ず洗濯しましょう。
    衣類を使う前に洗ってしまえば、季節の変わり目にアトピーなどのアレルギー症状を悪化させずに すみます。ただし、洗濯する前にアレルギーを悪化させる物質を吸ってしま わないよう注意しましょう。 シーツをかけ、その上から掃除機をかけます。  

    できれば、 衣類を出した直後に一回掃除機をかけ て干しておき、2〜3日後に再度掃 除機をかけてから使うとさらによいで す。  

    衣類に吸着した化学物質は、洗わな いとなかなか落ちないもの。でも時間 がない場合は、アイロンをかけること によって化学物質が揮発し、汚染が少 なくなります。





  • 寝具類も、洗えるものは洗濯するのがベスト。洗濯時のポイントは、衣 類の場合と同じです。洗えないものは、日光に干したりふとん乾燥機を使います。 ふとんを干す場合は、いくつか注意することがあります。
  • 以上のような対策で、衣替えの季 に症状を悪化させ体調を崩すこと を防げるでしょう。冠婚葬祭で普段 使っていない礼服を出すときなども同 じ対策を行ってください。衣類や寝具 に付着するアレルゲンに注意する習 慣がつけば、症状も改善の方向に向 かうはずです。  
    ただし、これは家族全員で行ってく ださい。アレルギー体質の人だけが注 意していても、家の誰かがダニやカビ、 化学物質を持ち込んでしまえば、効 果は半減してしまいます。アレルギー 症状を改善するための環境整備は、 家族全員の理解と協力が必要です。





アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook