アトピー治療ならあとぴナビホーム医療ナビ > こんにゃく芋から抽出したセラミドがいいのはナゼ?

こんにゃく芋から抽出したセラミドがいいのはナゼ?





  • あとぴナビは、皮膚の角質層にあ るセラミドが、アトピーの方がお悩 みの皮膚の乾燥の改善に大切なカギ を握るのではないかと注目してきま した。セラミドは、皮膚の角質層で 肌のうるおいを保ち、外部の刺激を バリアする機能を持っているからで す。そして皮膚のセラミドを増やす ことによって、「体の中からのスキン ケアも大切ですよ」と主張してきま した。

    これまでにもお話してきましたが、 皮膚のセラミドは、食物に含まれる セラミドを摂取することによって増 やせることが科学的に証明されてい ます。また、食物中のセラミドが皮 膚セラミドに変化する際に、皮膚に 弾力をもたらすコラーゲンを増やす こともわかってきました。

  • 安全な植物性セラミド
  • 先日、ある読者の方から「セラミ ドが含まれる食品についてもっと教 えてほしい」という問い合わせがあ りました。そこで今回はセラミドを どんな食物から摂ったらいいかを中 心にお話します。  
    体に補充できるセラミドは、「動物 性セラミド」「合成セラミド」「植物 性セラミド」に大別できます。  
    動物性セラミドとしては、牛脳由 来グルコシルセラミドが化粧品素材 などに使われたことがありました。 しかし狂牛病や口蹄疫などの問題か ら、現在は使用できない状況です。 そして合成セラミドとは、化学的な 合成方法で作られたセラミドです。 こちらには安全性の観点から食品素 材としての利用に制限があります。  
    以上の理由で、食品として安全に 使うことができるセラミドは植物性 セラミドということになります。

  • こんにゃく芋セラミド量が断トツに多い
  • 植物性セラミドが含まれる食品と しては、米、小麦、大豆、こんにゃく芋、 とうもろこし、砂糖大根(ビート) などがあります。これらの食品から セラミドを抽出して加工食品として 摂取するのが一般的ですが、これま でよく使われてきたのは、米、小麦、 大豆などでした。  
    そしてその後の研究では、こんにゃ く芋にも多量の植物性セラミドが含 まれていることがわかりました。こ んにゃく芋に含まれる植物性セラミ ドは、米や麦の7〜15倍にもなるそ うです。米、麦、大豆などの穀類が アレルゲンとなりやすいことを考え ると、こんにゃく芋はよりアトピー にやさしい食材と言えるでしょう。
  • 植物性セラミドはサプリメントで摂ろう


  • カロリーがとても低いダイエット食 品としても注目されているこんにゃく 芋。ただ一つ注意しなければならない のが、こんにゃくを食べても消化管で はほとんど消化されずに排泄されてし まうこと。つまりこんにゃくを食べた だけでは、植物性セラミドを効率よく 摂取できないということです。そのた め、こんにゃく芋から抽出された植物 性セラミドを、サプリメントなどから 摂るのが理想的なのです。





アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP