アトピー治療ならあとぴナビホーム医療ナビ > 福島原発事故はアトピーにどんな影響があるの?

福島原発事故はアトピーにどんな影響があるの?





  • 監修:小出 裕章
    京都大学原子炉実験所 助教 
  • 原子力の平和利用を志して勉学に励むが、学ぶにつれその危険性に気づき、放射能汚染の被害者の立場に立った研究 を続ける。専門は放射線計測・原子力安全。 主著に「原発のウソ」扶桑社、「放射能汚染の現実を超えて」河出書房新社などがある。

  • 3月11日、東日本大震災に伴い福島第一原発事故が起こりました。
    1986年のチェルノブイリ原発事故と同等のレベル7という規模の人類史上まれにみる放射能汚染は、私たちの生活にどんな影響を与えるのでしょう?いまだに事故収束の見通しが立たない混沌とした状況の中、放射線被害を住民側に立って考え続けてきた原子力の専門家・小出裕章先生にお話を聞きました。

  • 暫定基準値ってどういうこと?
  • 福島の原発事故以降、放射能汚染に関する様々な暫定基準値が定められています。
  • 暫定基準値内ならば安全と考えてもよいのですか?
  • 基準値以下≠安全

    「被曝については、安全という言葉を使ってはいけない」と私は思っています。
    被曝による障害は、急性と晩発性(数年~数十年後に障害が現れる)のものに分けられます。急性障害については、閾値(この量以下の被曝なら安全という値)があります。閾値以下の被曝量であれば症状が出ないわけだから、こちらの場合は安全という言葉を使ってもいいかもしれません。
    しかし、晩発性の障害には閾値がありません。どんなに微量な被曝でも危険は残っています。危険が残っている限り、「安全」という 言葉を使うのは不適切でしょう。
    基準値というのは、社会的な目安となる評価基準にすぎません。基準値以下だから安全ということはありません。まして「暫定」とつくからには緊急の一時的なものです。あいまいな政府の対応状況からみても、信頼に足るものとは言えないでしょう。

    1ミリシーベルトまでは我慢!?

    日本の法律では、1年間の被曝限度線量は1 ミリシーベルト(m Sv)と定められています。ではそれが安全の基準かといえば、もちろん違います。
    「年間被曝量が1ミリシーベルト以下でも危険性がないとは言えない。でも日本で生活する場合、1ミリシーベルトまでは我慢してください」という社会的な規範でしかありません。
    年間に1ミリシーベルトという基準で考えると、「ごく平均的な人が1ミリシーベルトの被曝をした場合、1万人に1人ががんで亡くなることになるけど、その程度であれば我慢できるでしょう」というのがこの基準の意味です。子どもの場合は放射線感受性(放射線の影響の受けやすさ)が高いので、1万人に4人ががんで死亡すると計算できます。




アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP