アトピー治療ならあとぴナビホーム医療ナビ > 「かゆみ」、「炎症」が和らぐ天然の新成分「ディフェンジル」とは?

「かゆみ」、「炎症」が和らぐ天然の新成分「ディフェンジル」とは?

フリー
質問:Question
ディフェンジルにはステロイド剤のような副作用はないの?
答え:Answer
薬剤ではなく、植物性オイルなので副作用はありません。

かゆみは、アレルギー反応→炎症→かゆみという経路で生じますが、ステロイド剤は、免疫を抑制することでアレルギー反応を抑制するのに対し、ディフェンジルは、アレルギー反応そのものは抑制せずに、アレルギーにより生じる炎症だけを起こしにくくすることでかゆみを軽減するように働きかけます。この炎症を起きにくくする作用は植物性オイルには多かれ少なかれ存在しますが、ディフェンジルは、ステロイド剤ほどの強い作用はありませんが、複数の植物性オイルを組み合わせることで、同じような作用を生じさせることを実現したのです。また、ステロイドのように薬剤ではなく、天然オイルなので、ステロイドのような免疫抑制作用はなく、副作用もありません。また、かゆみにより掻き壊した肌は、炎症や傷口の酸化により、二次的なかゆみを生むことになりますが、ディフェンジルは、炎症からくるかゆみだけではなく、掻き壊しとその酸化からくる二次的なかゆみにも働くように組み合わせられています。
 



アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook