アトピー治療ならあとぴナビホーム読者の声 > 城戸美雨さん(15歳)

城戸美雨さん(15歳)

ユーザー1


今春、晴れて希望の高校に進学が決まった城戸美雨さん。 幼少時からのアトピーは、ほとんどわからないほどまでに 回復しています。 でも、笑顔で春を迎えるこれまでには、長い年月と親子で ともに格闘した葛藤の日々が続いていたのです。お母さ ま・博美さんにこれまでのお話を伺いました。
城戸美雨さん(15歳)
  • 「人生が変わるとはどういうことか、わかっ た気がします。人から見たら些細で地味な変 化かもしれないけど、私たちは今その真っ只 中にいます」。
    美雨さんのアトピーを治したい一心で、時 間もお金もたくさん使ってきたという博美さ んは、現在の心境をそう語ります。
    発症以来、15年という歳月がたちました。
    数々の病院をめぐり、様々な治療を試してき た母子の夢が、アトピーを治したいという夢 が、今かないつつある。そんな二人のこれま でを紹介します。

  • ■ 医師の言葉に翻弄された日々
  • 美雨さんの頬に赤い湿疹を見つけたのは、 生後4カ月の頃。病院では乳児湿疹と診断さ れ、軟膏を渡されました。その後は、症状が 悪くなると薬をぬるという繰り返し。美雨さ んの頬はいつも赤く、2〜3歳の頃には、体 の関節部分が切れるようになりました。 保育園から小学校4年生の頃まで、体調が 悪くなると病院へ行き、薬をもらうという生 活が続きます。
    「いい先生がいると聞けば、どんなに遠くで も行きました。いろんな皮膚科に行ったけど、 結局はステロイド剤を受け取るだけ」。
    5年生の頃に、ステロイド剤を使わずに入 浴と漢方で治療するという病院へも行きまし た。この頃から、博美さんはステロイド剤の 怖さに気づき、脱ステロイドの療法を模索し 始めます。病院へ通うこともなくなりました。
    「たくさんの病院へ行き、いろんなことを言 われました。医者の言うことに翻弄され、す べて試してみても、何一つうまくいきませんでした」。

  • ■ こんな生活を一生続けるの?
  • その後は、ステロイドが入っていない市販 薬をあれこれ試したり、マクロビオティック の勉強をして食生活も変えました。
    中学に上がり育ち盛りの美雨さんは、動物 性たんぱく質を一切とらない徹底した玄米菜 食の食生活に抵抗します。
    「『お母さんの気持ちはわかるけど、こんな 食事はいや』と言われて、はっとしました。 この子は一生こんな生活を続けなくてはいけ ないの? ずっと続けるのはとても無理と思 いました」。
    美雨さんは母子二人の生活。娘が一人で生 きていかなくてはならなくなったときを思う と、博美さんの胸は押しつぶされそうになり ます。
    「娘をこんな体に産んだ私が悪いと、自分を 責めた頃もありました。わが子のことだから、 ついそんな風に考えてしまいますね」。

  • ■ 高校受験を控え最悪の状態に
  • 美雨さんは、朗らかな性格の女の子。まだ保 育園の頃、コンビニの入口で、後から入って くるお婆さんのためにドアを小さな手で支え て待っているような優しい心の持ち主。 「でも、一度決めたら決して曲げない頑固な 面もあります。所属していた吹奏楽部は、症 状がつらくても、最後の夏の発表会までやり 通しました」。
    中3で顧問の先生が替わり、吹奏楽部の練習 も厳しくなりました。高校受験を控えてのスト レスもあってか、症状が一気に悪化します。 「鎖骨辺りの皮膚は全部破れ、リンパ液が流 れ出ていました。中間テストの頃は、患部を 冷やし、泣きながら勉強していました」。
    精神的にもひどく落ち込み、「こんな状態 が一生続くのは怖い」ともらす美雨さん。そ んな最悪の状態になったのは、去年の初夏か ら秋にかけての時期でした。

  • ■ 九州HRCで夢のような一泊
  • ちょうどその頃、博美さんは車で1時間ぐら いの福岡県うきは市に、アトピー専門の温泉 があることを知ります。
    「インターネットで、あとぴナビのホームペ ージを見つけました。そしてHRCに行って みたのですが、びっくりしました。お風呂で 汗をかいたことがないのに、汗が噴き出した んです。体にしみない、浴後も乾燥しにくい 温泉は初めてで、本人もすごく気に入り、夜 もぐっすり眠れました」。
    一泊だけでしたが、それでもぐんと体調が 良くなり、帰った後も4〜5日は調子がいい 日が続きました。
    「子ども心に、これで治ったと思い込んだの でしょうか。普段の生活で症状が戻ってくる と、『もう治らないの?』と落ち込んでいまし た。でも私は、これで治るかもしれないとい う感触をつかみました」。
    車で1時間とはいえHRCに通うのは、女 手ひとつで美雨さんを育てる博美さんにとっ ては大きな負担。どうしたものかと悩み、日 本オムバスの電話相談を受けることにします。 「電話して、心が一気に晴れました。相談員 さんが、私のとりとめのない話をすべて受け 止めてくれ、すごく嬉しかった」。 話を全部聞いてもらい、心がぐっと落ち着 いたという博美さん。以後、ことあるごとに 相談員とのやり取りが続いています。

  • ■ 自宅での温泉湯治を決意
  • HRCで温泉の効果を実感していた博美さ んは、自宅で温泉湯治のできる環境を整える 決心をします。
    「アクアゲイン(活水器)の無料1週間レン タルを試してみることにしました。山田さん (相談員)からは、十分な睡眠と入浴を心がけ るように言われ、美雨もやる気になっていま した」。
    受験生の美雨さんにとって、睡眠と入浴時 間の確保は簡単なことではありません。夜は10 時まで塾、帰宅後は食事と入浴。就寝時間は 12時と決め、11〜12時までの1時間は必ず 湯治することに決めました。 しかし、活水器を購入し本格的に湯治を開始 して2〜3週間の間、今まで経験したことの ないかゆみに襲われます。
    美雨さんの体の中で大きな変化が起こって いたのでしょう。「かゆくて死にそう」「内臓 までかゆい」と訴える美雨さんは、「もうやめ て!」と極限状態に達してしまいました。
    「いいのよ。活水器はお母さんの自己満足で買ったんだから。あ なたに合わないんだったら、やめてもいいよ」と博美さん。こんな やり取りがあっても、美雨さんは毎日1時間の湯治を続けました。
    「かゆみでほとんど眠れず、相当文句を言っていましたが、心の 中では『治るかも』と思っていたのではないでしょうか。それにし ても、毎日続けた精神力には私も驚いています」。

  • ■ もし湯治をしてなかったら…
  • 1カ月弱の猛烈なかゆみが治まると、美雨 さんの症状はすっかり落ちつき、その状態は 今でも続いています。
    そして2月には志望校に見事合格!勉強の レベルだけにこだわらず、体の負担も考えて ベストと思える学校を選びました。 春からの新生活に期待を膨らませる美雨さ んですが、ある日こんなことを言いました。 「お母さん、オムバスしてなかったら ※、私の人生変わっていたよね。これをしてなかった ら、志望校も妥協して決めたと思うし、どこ かで何かを諦めないといけなかったよね」 博美さんはこの言葉を聞いたときの気持ち をかみしめます。
    「あれだけ苦しんだ娘の言葉にウソはないで しょう。人生が変わるということがどんなこ とか、実感できた思いです。
    入学後の生活では、新たなストレスを感じ ることもあるはず。でも、今までの経験があ るから大丈夫。これからもしっかり湯治をし て、美雨が完治することを夢見ています」。
    *日本オムバスの相談を受け、自宅温泉湯治を行うことを 「オムバスする」という、美雨さん独自の言葉使い。

  • 山田相談員からのメッセージ
  • 受験生は多忙な生活から睡眠不足やストレスが影響して、 アトピーが悪化しやすいのですが、城戸さんは「薬で抑 えるよりも自分のチカラで治したい」という強い気持ち で温泉湯治を選ばれました。
    受験勉強と湯治の両立を見事にこなされましたが、これ からは克服に向かっての湯治と楽しい高校生活を送って いただきたいと思います。


  • 城戸美雨さんも利用している「アクアゲイン」を2週間無料レンタルできます
    浴室に簡単に設置することができ、取り外しも簡単。お試しになりたい方はぜひご利用ください。



アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP