アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 春を快適に過ごすためのQ&A (後編)

春を快適に過ごすためのQ&A (後編)

ユーザー2

  • 冬が過ぎても、冷えを感じています。特に足先が強く、 気温が低い日に外出すると足先が冷え過ぎて痛みを感じ ることもあります。 冷え対策は、運動か入浴、と聞いたのですが、どちらの 方が効果的でしょうか?

  • 冷えとは、血流が悪い状態を指し ますので、冷えの状態が強い方は 外気温の状況とは関係なく感じる ことが多いものです。
    血流が悪いことは、ダメージを受けた皮膚 細胞の修復が上手にできないだけでなく、成 熟した毛細血管を新たに作ることに影響を与 えるため、炎症・痒み、そしてバリア機能の 両面からお肌のマイナス要因となります。 実際、アトピー性皮膚炎の方は冷えを感じ ている方が多く、また症状の改善と共に冷 えの状態が緩和する傾向が見られます。あ とぴナビの会員の方は入浴を冷えの改善の ために取り入れている方が多く、アトピー 性皮膚炎の症状が良くなったことで冷えの改 善が見られたのではなく、冷えの改善が行わ れたことでアトピー性皮膚炎の症状が良く なった、と考えられます。
    そのため、冷えの解消はぜひ行って欲しいと 思いますが、主な生活内の行動で有効なの は、ご質問にあったように、運動、入浴と 言えるでしょう。
    血流の改善効果だけを優先するならば、運 動の方が入浴よりもその効果は高いのです が、一定の負荷をかけた運動を反復継続し て毎日行うことができる方は多くはありませ ん。
    そこで、毎日の生活習慣である入浴の方が、 反復継続して行うには適している方法と言え るでしょう。
    冷えの改善=血流を良くする、ということで もあるので、入浴温度、入浴時間、そして 入浴回数を自分の肌状態に合わせた適切な 状況で行うことが大切になります。 入浴を「冷えの解消=アトピー性皮膚炎の 状態アップ」のために取り入れる場合は、入 浴時間など入浴法についてお気軽にご相談 ください。
    入浴は、身体とお肌に対して影響が強い分、 誤った方法で行うとマイナスとなることも あります。
    自分に合った正しい入浴を生活の中で取り 入れるようにしましょう。







アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook