アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 夏のアトピー対策

夏のアトピー対策

ユーザー2


  • これからの時期、アトピー性皮膚 炎の症状悪化につながる大きな 要因の一つは汗の他に、紫外線があ ります。  
    皮膚の表面には、「ランゲルハンス 細胞」という樹状細胞が存在し、外 敵などを察知するセンサーの役目を 果たしています。そして、紫外線を 浴び続けると、このランゲルハンス 細胞が持つセンサーの役目が失われ ることが分かっています。  
    皮膚の免疫機能は、このセンサー が働くことで外敵に対して対処する ことができますから、センサーの機 能が失われれば、免疫機能そのもの が低下することに繋がります。  
    アトピー性皮膚炎の原因の一つに は、皮膚表面における細菌叢の乱れ が関係しており、紫外線はこの細菌 叢の乱れを増長する恐れがある、と いうことです。その他にも、強い紫 外線を浴び続けると、日焼けの症状 があらわれますが、これは皮膚にとっ て炎症を生じさせる「ダメージ」です。 このように、紫外線は痒みに直接繋 がる悪化要因の一つと言えますので、 適切なUVケアを行うようにしま しょう。








アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook