アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 夏のアトピー対策

夏のアトピー対策

ユーザー2




  • ジュクジュクして体液が浸出した肌状態になりやすく、掻き 壊しが加わると、外部からのちょっとした刺激にも過敏に反 応しやすくなります。そこで、100円ショップなどで入手できる小型のアトマイザー (30〜50ml)に、箱根の源泉を入れて、そこにピュアサージオ イルを4〜5滴垂らし、良く振っ て拡散させた状態で肌に吹き かけてみましょう。ローション など水分系のアイテムが浸み やすい方のプレケアとしても お使いいただけます。






  • ダメージを受けた掻き壊しの肌は、 バリア機能を大きく低下させている ことが多いものです。湿度が高く外 的環境要因が細菌やウィルスに有利 なこれからの時期、一時的にバリア 機能を強化させることも大切です。
    チュビファーストはイギリスでアト ピー性皮膚炎の方に医療用として使 われている筒状の包帯で、二重に装 着する(一重目を水分で湿らせる) ことで、保水と保湿、そして保護機 能を同時に行えます。





アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook