アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > アトピー性皮膚炎 皮膚の症状別スキンケア

アトピー性皮膚炎 皮膚の症状別スキンケア

ユーザー2


  • お悩み

    ・袖口から皮膚の粉が出て気になる。
    ・汗がたまるとかゆくなる。
    ・無意識のうちに手が行き掻いている、掻くと落ち着くが後で後悔する。






    1 豊泉水aにサージオイルb(もしくはスキンオイルΩ c)を多めに混ぜたスプレーで保水。
    ※ スプレーをかけた際に傷などしみる部位があれば、サージオイル (もしくはスキンオイルΩ)を混ぜて伸びを良くしたスキンクリーム d で保護してから再度スプレーで保水する。
    ※ 乾燥が激しい部位は、直接吹きつけた上からコットンの両面に滴 るくらいにしみ込ませ、3分ほどパックをするとより効果的。スプ レーでコットンに補給しながら十分に保水ケアを行う。
    2 APローションe を全体に塗り保水を強化。
    3APクリームf で保湿・保護。乾燥が気になればAPクリームにスキンクリームを少量混ぜると、APクリーム単体よりも皮膚の保湿、保護効果が高まり、よりうるおい感が持続する。
  • ■「入浴後」と「起床時」のスキンケア
  • 入浴後は肌に水分がある状態。肌の状態によってはスプレーで の保水は省略し、そのままAPローションで保水してもよいでしょ う。入浴後でも肌が乾燥する場合、さっとスプレーでプレ保水して からAPローションを使うと、伸びが良く塗りムラもなくなります。 起床時は、肌が乾燥しているので上記の手順でスキンケアを行い ましょう。




  • ・ シャワーはドゥキレイa で塩素対策、浴湯は活水対策bと濃縮温泉cまたは源泉dを5~10リットル入れる など、肌にやさしい入浴環境を作る(濃縮温泉の種類 と濃度はご相談ください)。 
    ・ 体はクリーム、オイル系のスキンケアをしているので、 傷にしみにくいスパボディーソープe で洗う。


  • 睡眠は十分にとりましょう。また、運動や軽めのダンベ ルなどで腕の筋肉や手の筋肉を鍛えると、毛細血管が発 達して血流が良くなります。同時に腕や手の皮下血流も 改善し、皮膚のターンオーバーや皮脂の分泌が正常化さ れるので、皮膚の回復も早まります。 皮膚にダメージがあると、体を動かしたくなくなるもの。 でも、運動不足で筋力が低下し血流が悪くなるケースが 多いのです。「血色がよい=血流がよい」ということ忘れ ないようにしましょう。





アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook