アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > アトピー性皮膚炎 皮膚の症状別スキンケア

アトピー性皮膚炎 皮膚の症状別スキンケア

ユーザー2


  • お悩み

    ・皮膚が硬くなっている感じがする。
    ・乾燥、傷、皮厚で首が回りづらく、肩の周辺がいつもこっている。
    ・ 掻くと頭がほてって、顔が赤くなる。






    1 豊泉水aにサージオイルb(もしくはスキンオイルΩ c)を多めに混ぜたスプレーで保水。
    ※ スプレーをかけた際に傷などしみる部位があれば、サージオイル (もしくはスキンオイルΩ)を混ぜて伸びを良くしたスキンクリーム d で保護してから再度スプレーで保水する。
    ※ 乾燥が激しい部位は、直接吹きつけた上からコットンの両面に滴 るくらいにしみ込ませ、3分ほどパックをするとより効果的。スプ レーでコットンに補給しながら十分に保水ケアを行う。
    2 APローションe を全体に塗り保水を強化。
    3APクリームf で保湿・保護。乾燥が気になればAPクリームにスキンクリームを少量混ぜると、APクリーム単体よりも皮膚の保湿、保護効果が高まり、よりうるおい感が持続する。

    肌をしっかり保護するスキンクリームをさまざまなオイルやクリームと組み合わせることによって、 より効果的なスキンケアができます。スキンクリーム+ スキンオイルΩ、スキンクリーム+ ピュアサージオイル、AP クリーム+ スキンクリームなどなど、 配合分量は症状によって変わります。
    ※写真は、あらかじめ手にとったスキンクリームに、スキンオイル Ωを混ぜているところ。





  • ・ シャワーはドゥキレイa で塩素対策、浴湯は活水対策bと濃縮温泉cまたは源泉dを5~10リットル入れる など、肌にやさしい入浴環境を作る(濃縮温泉の種類 と濃度はご相談ください)。 
    ・ 頭髪の生え際に炎症がある場合は、頭皮を常に清潔に保つ意味でも髪は洗ったほうがよい。スパシャンプーe を薄めて洗髪し、リンスは使わないようにする。
    ・ クリーム、オイル系のスキンケアをしているので、体はスパボディーソープf を薄めて洗う。



  • 睡眠は十分にとりましょう。さらに散歩などの全身運動を毎日行います。全身の筋肉を使うことで血流も増し、 新陳代謝が高まります。運動によって皮下血流も促され、皮膚のターンオーバーや皮脂の分泌が正常になること で、症状の回復を大きく助けます。





アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook