アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 春はアトピー悪化に要注意!入浴&スキンケア

春はアトピー悪化に要注意!入浴&スキンケア

ユーザー2

  • 基本的な入浴のポイントは、他の季節と同じです。 自分にとって適切な入浴温度、入浴回数、入浴時間を守ること。 さらには、良い入浴環境で入浴することが基本となります。

  • 高温入浴を避ける
  • 入浴温度で気をつける点は、ま ず「高温での入浴を避ける」とい うこと。高温での入浴というと、 一般的には43度以上を指すことが 多いようです。しかし、アトピー 性皮膚炎の人にとっての高温は、 40度以上と考えてください。
  • なぜ40度でも高温なの?
  • 人間の体温は、深部温度(体内温度)で37度ぐらいです。風邪を ひいたときなどに熱が上がりますが、これは体内温度を上げるこ とで、風邪のウイルスの活動を抑えるためです。その間に体は、自 身の免疫力が最大限ウイルスに対抗できるように、体内環境を整えます。  
    しかし、39度〜40度と体温が上昇すると、内臓の働きが低下する など、ウイルスだけではなく、自分の体そのものにもダメージを与 えることになります。つまり高熱とは、外敵にも自分にもダメージ を与える諸刃の剣なのです。だから、高熱が出たとしても、一定期 間で熱を下げようと体は働くわけです。このように、体を「良い状態」 で一定の状態に保とうとする働きを、「恒常性機能」といいます。  
    高い温度で入浴した場合も同様に、体は熱を受けた状態から体を 元に戻そうと働きます。その温度は、体の維持に影響が出る「40度」 という温度も該当します。つまり40度という温度は、体にとって「高温」の部類に入るということです。
  • 高温浴が肌の乾燥を招く
  • では、体は高温の状態から脱す るために、体温をどのように下げ るのでしょう? 基本的には汗を かいて、皮膚からその汗が気化す るさいの気化熱の放出により、体 温を下げようとします。  
    「汗が気化する=皮膚の水分が 蒸散する」ということになります から、必然的に皮膚の水分は減っ て乾燥します。これが入浴後に乾 燥を感じる最も大きな要因です。 アトピー性皮膚炎の場合、ここで 生じる乾燥を入浴後のかゆみとし て感じることになります。
  • 体温に近い温度が理想的
  • 冬場の寒い時期は外気温が低い ため、外気により体を冷やすこと ができます。しかし、春先に急に 気温が上昇した日などは体が冷め にくくなり、体は汗をかくことで 体を冷やすしかありません。  
    これが「アトピー性皮膚炎の人 にとって40度以上は高温」という 理由です。できる限り肌に負担を かけずに、入浴を活用してアト ピーを克服していくためには、体 が必要以上に熱くなりすぎないよ うできる限り体温に近い38〜39度 ぐらいの温度で、入浴後にジワジ ワと汗がにじみ出るような入浴が 適しているのです。






アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook