アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 春にアトピーを悪化させない3つのポイント

春にアトピーを悪化させない3つのポイント

ユーザー2



  • ● 生活リズムを戻すには?  

    基本は、「十分な睡眠」 「栄養バランスのとれた 食事」「適度な運動」「ス トレスの解消」といっ た「体を健康に変える ための生活習慣」を心 がけることです。  
    一時的な環境の変化は、心身 に何らかのストレスを与えま す。そのストレスが適度であれ ば問題ありませんが、ストレス が強すぎて心身が対応できな いほどになると、自律神経や内 分泌機能が乱れて免疫力は弱 まり、心身に様々な悪影響が及 びます。体がストレスによる負 担を受けているのに、その生活 習慣を変えないで常態化して しまうことこそ、アトピー性皮 膚炎をはじめとする様々な生 活習慣病の原因であることを まず知りましょう。  
    ストレスがたまらない生活 習慣を身につけろと言われて も、時間的にも経済的にもとて も無理だという方も多いで しょう。通勤や通学にかかる時 間は簡単に変えられないし、職 場で残業を断ることも容易で はありません。本人にとってや むを得ない事情を抱えること の方が多いはずです。しかし、 そういった「避けられない生 活」から受けた影響を、体自身 は「正直」に現わすことになり ます。
    ではどうしたらいいので しょう? まずはできること からやってみることです。最 初から、全てを最善の状態に 持っていくのは難しいこと。 完璧にストレスを避けようと がんばりすぎることが、逆に 新たなストレスを生み出しま す。だから、まずは簡単に できることだけを改善 していきましょう。一つ ずつ少しずつ改善するのであ れば、きっと可能なはずです。
    「早めの就寝を心がける」「朝 食は和食にする」「一駅手前で 下車して歩いてみる」など、ど れか一つだけでもいいのです。 毎日の生活行動を少し変えて、 それを続けてみましょう。少し の変化を継続すればするほど、 体は変化していきます。 まずは、簡単にできそうなよ い生活習慣を、変化した生活の 中にどのように組み込んで行 けるか考えていくようにしま しょう。

    ● 居住空間の改善法は?

    (化学物質対策)
    居住空間の化学物質対策 の基本は「換気」です。 2時間に1度くらいの割合で、 家の窓を2箇所以上開けて換 気し、室内の空気の通りをよく します。
    そしてもっと大事なことは、 化学物質を発するもの を極力室内に入れない こと。室内で注意したい化学 物質を次のページにまとめまし た。なるべくこれらの化学物質 を避けた生活を送りましょう。
    (空調対策)
    エアコンなどの空調対策と しては、足元を冷やさな い(末端部位の冷えを 防ぐ)ように、ひざ掛けや5 本指靴下をはくなど衣類を工 夫したり、皮膚の乾燥を防 ぐためにスキンケアを しっかり行ってください。
    特に化学物質の問題はアト ピー性皮膚炎の原因と大きく 関わっているので、しっかりと した対策が必要です。




アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook