アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 8月のスキンケアと入浴のポイント

8月のスキンケアと入浴のポイント

ユーザー2



  •  暑い時期、湯船につかっての入浴は敬遠されがちになるかもしれません。 でも、アトピー性皮膚炎を克服するために行う入浴の目的は、自律神経や内分泌などの機能を高めることにあります。 免疫機能の異常な状態がアトピーの症状に関与していると考えられる方の場合、入浴はしっかり行うようにしたいところです。
    夏は汗も出やすい時期なので、入浴時は左の3つのポイントに注意しましょう 濃縮温泉を利用している人は、 暑い季節は入れる量を1/2〜1/3ぐらいに1/2〜1/3ぐらいにへらすとよいでしょう。 入浴後の乾燥を感じる場合は、APバスオイルを併用しても構いません






  • 暑い日が続くと食欲も減退し、さっぱりしたものを食べたくなります。夕飯は 「そうめんなど冷やした麺類だけ」ということもあるかもしれません。でも、糖質だけの食事では、 かえって体力を失うことがあります。ネギやショウガなどの薬味となる野菜も上手に取り入れて、 ビタミン、ミネラルをしっかり摂取するように心がけましょう。また、アイスクリームなど甘くて冷たいおやつのとり過ぎにも注意しましょう。  
    どうしても食事が単調になりやすい場合には、サプリメントなどを活用しても構いませんが、まずは食事で補うことを目指したいですね。  
    どうしてもサプリメントを使用する場合には、体調面を考え、ミネラル類を含んだサプリメントを併用するとよいでしょう。






  • 暑い季節、エアコンをどう使うか悩んでいる方も多いでしょう。 ほとんどの家庭では、夏を快適に過ごすためにエアコンを利用していると思われます。しかし、 アトピー性皮膚炎の方にとっては「汗をかきにくくなる」「湿度を下げて皮膚を乾燥させる」など、マイナス面も抱えます。 職場など強めの冷房環境にあると、足元が冷えるなど、血液の循環不全を感じることがあるかもしれません。  
    一定の冷房を効かせた環境で過ごす場合には、「保湿を意識したスキンケアを行う」「足元が冷えない工夫をする」 「冷房の風に直接当たらなようにする」などに気をつけるようにしましょう。





  • 夏が終われば、過ごしやすい秋を迎えます。でも、夏場を上手に乗り切れないと、 状態が安定しやすい秋の季節も、肌の状態で悩まされることになります。暑い季節、生活のなかでできる工夫をしっかり行って、対処していきましょう。



















アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook