アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 秋から冬に向けてのアトピーケア

秋から冬に向けてのアトピーケア

ユーザー2


  • 外気温の変化を見落とさない

  • 大気中の水分は、気温により含むことのできる量が異なります。気温が高い夏場は湿度が高く、 気温が低い冬場は湿度が低いのはこのためです。
    「昨日までは汗ばむ陽気だったのが、今日は過ごしやすくなって、気がつくと肌がカサカサしていた」というのも冬〜春、 そして秋〜冬に見られやすくなります。さらに秋〜冬は、日中と朝晩の気温も大きく変化することがあり、日によっての気温の変化だけではなく、 一日の中での気温の変化にも注意が必要です。  
    残暑が終わり秋に入った頃は、一気に気温が下がることがあります。それまで続けていた夏のスキンケアのままだと、 乾燥から来るかゆみをきっかけに、肌の状態が悪化しやすいので気をつけましょう。

  • 保水をベースに保湿までしっかり行う

  • 暑い時期は汗もかいているので、皮脂膜による自力のスキンケアもある程度は発揮されていました。 でも、気温が下がり汗をかきづらくなると、皮脂膜もできにくく乾燥が進みます。肌が乾燥すると、「かゆみの神経線維」がのびてかゆみが増し、 肌を細菌やウイルスから守るバリア機能も低下しがち。だから、この時期のスキンケアは、「保水」が基本です。肌が乾燥したからといって、 ワセリンなど固形の油分だけを塗る人をよくみかけますが、これはNG です。水分が足りない状態の肌を油分で覆っても、乾いた砂場にシートを かぶせても砂場が潤うことがないのと同じ。角質層の乾燥が改善されているわけではありません。
    まずは水分を角質層にしっかり与えること。その後、角質層に与えた水分が外に逃げないよう(水分蒸散)、保湿してあげるようにしてください。
    また乾燥が強い場合、セラミドなど角質層の水分保持に役立つ成分の摂取なども有効です。

  • 掻き壊し状態では、保護も忘れずに

  • かゆみが強い場合、乾燥に加えて皮膚のバリア機能も相当に低下していることがあります。こういった状態では、 保水、保湿に加えて、保護のスキンケアも大切です。

    具体的には、固形の油分アイテム(ワセリンなど石油から作られた鉱物系の油は長期連用による刺激やかぶれを引き起こすことがあるので、植物や動物系の油分の方がよいでしょう)や、場合によっては包帯などで覆ってもよいでしょう。


  • 衣類気温に合わせて

  • 衣類にもスキンケアの役割があることを知っていましたか? 衣類で肌を覆うと、衣類と肌の間に空気の層ができます。 この空気の層が体温を保持し、皮膚から蒸発した水分もその層の中にとどまり、余計な水分の蒸散を妨いでいます。  
    したがって、乾燥が見られる部位は、可能な限り衣服でカバーしたほうがよいでしょう。なお、ジュクジュクした状態や感染症が見られる 場合には、肌にぴったりした衣類の方が、刺激が少なく適しています。乾燥だけの場合は、皮膚と衣類の間に空気の層ができるような 少しゆったりした衣類を選びましょう。




アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook