アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 苦手な季節を乗り切る夏のアトピーケア万全マニュアル

苦手な季節を乗り切る夏のアトピーケア万全マニュアル

ユーザー2

  • 汗はすぐに洗い流すこと


  • 汗対策の基本は、かいた汗を放置せずにしっかり洗い流す(拭き取る)ことです。まず汗を洗い流し、その後にそれぞれの症状にあったスキンケアを行います。

    汗をかいて肌にかゆみや赤みが出たからといって、いきなりローションなどのスキンケアアイテムを使うのではなく、先に刺激の少ない箱根の源泉などの水分で洗い流すことです。生活の場面別に、具体的な対策を考えていきましょう。





  • 外出先ではおしぼり、スプレー
  • 出かける際は、汗拭き用のおしぼりやコットンを忘れないようにしましょう。 おしぼりの場合は、箱根の源泉など肌に刺激の少ない温泉水で作るのが理想です。水道水で作ったおしぼりで汗を拭くと、どうしても肌が乾燥しがちになるので、その後のスキンケアで乾燥を補うなど負担が増えてしまいます。 
  • おしぼりは時間が経つと乾いてしまいます。長時間の外出の際は、小型のスプレー容器(アトマイザー)に、箱根の源泉を入れて持ち歩き、必要なときにコットンに浸して汗を拭き取るといいでしょう。 
  • 理想的なのは、温泉水の入ったものと、温泉水にお気に入りのローションを混ぜたもの、2種類のスプレー容器を用意することです。まず温泉水で汗を拭き取り、ローション入り温泉水でスキンケアすれば、肌の突っ張り感がなく潤いも保ちやすくなります。

  • ストックの着替えを常備



  • 出勤時などは、満員電車を降りた後炎天下を歩き、会社に着く頃はもう汗だく…。
    ということも少なくありません。

    そんなときは、汗を拭いた後に着替えができると万全です。会社や学校などに、着替え用のTシャツなどを常備しておくと安心です。




アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook