アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 状態に合わせたアトピー快適スキンケア

状態に合わせたアトピー快適スキンケア

ユーザー2

  • 角質層の水分は、そのままでは、空気中に蒸散していきます。特に、秋から冬にかけて、大気が乾燥する季節は、そうした蒸散量「水分蒸散量」といいますが、高まることになります。そこで、水分を角質層に留めるために「保湿」を行うことも大切です。簡単なイメージで考えると、乾いた砂場をシートで覆っても砂場がすぐに潤うことはありません。また砂場に水分を与えても、そのまま放っておいたのではすぐに乾いてしまうでしょう。ここでいう砂場に水分を与える行為が「保水」であり、シートをかける行為が「保湿」となります。保湿の成分は、主に油分が中心となります。また、水分蒸散量を抑える配合成分(メビジェル、リピジュアなど)が使われることもあります。






  • かき壊しがあり、皮膚のバリア機能が著しく低下している場合、保水と保湿だけでは、十分に補いきれないことがあります。特に、炎症が強く現れていると、感染症にも罹りやすい状況になっていますから、皮膚のバリア機能の代わりになるような「保護」を行うことが大切です。保護のアイテムは主に、油性のアイテムが使われることが多いのですが、包帯などもバリア機能を補うアイテムとして使用できます。ダメージが強い肌は、しっかりと保護を行って、お肌の回復を待つようにしましょう。





  • アトピー性皮膚炎の方の誤ったスキンケアには、さまざまなケースがありますが、その中で最も多いのが、「保水ができていないのに、保湿や保護だけ行っている」というケースです。具体的に言うと、スキンケアとして(病院から処方される場合には保湿剤として)使われているものがワセリンなど「油性」のみのアイテムで、水分が含まれていないものを使用しているケースです。確かに、ワセリンなど強い油性のアイテムを使用すると、皮膚をしっかりカバーしてくれますので、外部からの刺激を受けにくくなります(保護の効果)。しかし、水分が不足した状態が続いていると、かゆみを知覚する神経線維の問題(※1)が生じ、皮膚の「乾燥状態から生じるかゆみ」が解消されません。こうした「保水」ができていない方に、まずしっかり保水を行ってもらうと、それだけでかゆみが大きく軽減し、炎症が減ってお肌の状態が著しく改善することがあります。誤ったスキンケアに気をつけましょう。

  • ※1 かゆみを知覚する神経線維は通常、真皮内にとどまっていますが、角質層が乾燥した状態になると、角質層内に伸びてくる性質があります。そのため、外部からのちょっとした刺激をかゆみと知覚しやすくなり、掻き壊しが生じ、そこで現れた炎症がさらにかゆみを生む、という悪循環を引き起こしやすくなります。ちなみに、角質層内に伸びたかゆみを知覚する神経線維は、角質層内の水分がしっかり保たれた状態になると、真皮内に戻っていくことがわかっています。



アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook