アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > みんなのアトピー相談

みんなのアトピー相談

ユーザー2


  • 疲労がたまることで体に症状が現れる
  • アトピー性皮膚炎は、発症の主な要因として、皮膚機能と免疫機能の二つが考えられています。この二つの要因は、影響を受けやすく、Kさんのメールにあったように、残業やお酒などで、疲労をためていった場合、内分泌や自律神経の面で、マイナスの影響は少しずつ積み重なることになります。

    そうした体への負荷は、睡眠や休養を適切にとることで解消できますが、解消する量よりも溜まる量の方が多ければ、当然、体にはリスクとして何らかの症状が現れてくることになります。
    アトピー性皮膚炎の方の場合、そうした体の負荷が皮膚に症状として現れやすい傾向がありますし、また、慢性的な疲労は、体全体の免疫力を低下させ、その低下は皮膚の防御能力に対しても同様のことが言えます。




  • 適切なスキンケアと入浴で肌のコンディションをUP

  • 疲労回復と同時に、症状が現れやすい皮膚のコンディションをスキンケアで適切に補う工夫はしっかりと行うようにしましょう。
    また、体の疲労の蓄積は、慢性的に血流を悪くさせることで、免疫機能の低下状態を加速させることがあります。その解消としては、やはり入浴が生活習慣として行えるのでお勧めです。

    もちろん、適切な入浴を取り入れることで、疲労感からの回復だけでなく、皮膚機能の状態アップにもつなげることができます。適切なスキンケアと入浴を生かして、お肌のコンディションを上げていくようにしましょう。
    一人ひとりに合った、スキンケア、入浴方法は、無料相談ダイヤルでお気軽にご相談ください。






アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook