アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 冷え知らず入浴法全て教えます

冷え知らず入浴法全て教えます

ユーザー2
  • 入浴の温度は38度〜39度
  • 入浴で血流を改善するといっても、ただやみくもに風呂に入ればいいわけではありません。体を芯から温め、血流を促がすための正しい入浴法を知ることが大切です。 
    寒い季節は、40度以上の高い温度の湯につかると気持ちがいいものです。しかし、漠然と「温度の高い湯」につかっていても、血流が良くなるわけではありません。 
    その理由は、人間の体温にあります。健康な人間の体温は、体の中心部分(深部温度)で37度〜38度ぐらい。それ以上の温度は、体にとっては異常な状態となるため受けつけようとしません。熱は血流で運ばれますが、湯の温度が高すぎると、体は血流を減らして熱が伝わらないように働きます。体の表面は熱くなりますが、熱が内部に伝わることは拒むので、体の内部まで温まることがありません。熱い温度で入浴すると湯冷めしやすいのは、実は体内に熱を受け入れていないためなのです。 
    ここでいう熱い温度とは、40度以上と考えてください。体が外部から受け入れる熱の温度は、深部体温に近い38〜39度程度となります。これくらいの湯温だと、体感ではぬるく感じるかもしれません。しかし、38〜39度ぐらいの湯にゆっくりとつかることが、体の芯まで熱を伝えるポイントとなります。
  • 下半身を温める
  • 人間の体温は、へそを境にして体温差があります。上半身と下半身とでは、平均して約2度ほど上半身の方が高くなっています。冬場はこの差がもっと大きくなります。全身の血流を良くするためには、まず下半身をしっかり温めることが大切です。 
    寒くなると、全身浴の方が気持ち良く感じるかもしれません。しかし、最初から全身浴を行ってしまうと、全身の体温が万遍なく上がるため、下半身との体温差をうめることができなくなります。その結果、皮膚表面の血流ばかりが上がり、なかなか全身の血流を上げることができません。 
    そこでお勧めなのは、「半身浴」です。半身浴を行うと、下半身からしっかり温まります。さらに、心臓を水面の上に出すことで心臓への負荷が減り、長めの入浴でも体力の消耗が多くありません。入浴の最後に、全身浴を行ってから出るのは構いませんが、半身浴を中心に行うように心がけましょう。
  • 1日複数回の入浴を
  • 入浴中は、血流を良くしながら体が受け入れ可能な「熱」を体全体に伝えることができます。しかし入浴後は、体に蓄えられた熱も少しずつ失われていきます。 
    そこで、熱を体に「供給」しながら「血流を良くする」状態を、1日の中で少しでも長くするために、1日に複数回の入浴を心がけましょう。仕事や学校がある場合には朝と夜の2回、家で療養を行っていて時間がある場合は、できれば朝、昼、夜の3回の入浴が良いでしょう。入浴の間隔は、できるだけ均等に間隔をあけるようにします。 
    以上のような入浴を繰り返し、1日のうちで血流が良い状態の時間をなるべく多く作ることで、冷えの状態は改善されていきます。
  • 浴水の質は「温泉」が理想
  • 入浴する「浴水」の質により、体への影響は異なります。温泉水と水道水による浴水を比べると、明らかに自律神経や内分泌機能への影響が異なり、温泉水の方が体に良い影響を及ぼすことがわかっています。これは、温泉の「水質」が、塩素などで処理された水道水より自然で人体に適応していることを示しています。 
    さらに、温泉の含有化学成分の作用が加わると、温熱作用、浮力作用と相まって、非特異的変調作用が生じます。これは、体が外部からの刺激に対し元の状態(健康な状態)に戻ろうとする働きです。体が「健康な状態に戻る」ためには、自律神経と内分泌のバランスが整うことが必要。温泉には、そのような働きも備わっているのです。 
    なお、水道水で入浴を行う際には、最低でも塩素の処理だけは行うようにしましょう。水道水中の塩素は、肌のタンパク質に影響を与え、肌荒れの原因となるからです。
  • 入浴は体力を考えて
  • 入浴は血流を良くするだけでなく、体の代謝も促がしてくれます。新陳代謝が活発になることはよいことですが、それだけ体力も消耗してしまいます。ぬるめの温度で半身浴を行うことにより、ある程度体への負荷は減りますが、入浴時間と回数が増えれば、それなりに体力を消耗します。
    また、大人と子どもでは体力に差があるので、年齢とその時々の体調に合わせた時間で入浴するようにしましょう。入浴時間が長いと冷えの改善にはプラスの面がありますが、入浴で大幅に体力を消耗してしまっては本末転倒です。
    特にアトピー性皮膚炎の患者さんは入浴中は肌の乾燥がなく楽なので、つい長湯になってしまいがちです。入浴のしすぎは肌にとっても一定の負荷を与えます。体も肌にも「休息」が必要なことは忘れないようにしましょう。


アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook